半年たちました

久々の更新。

仕事を初めて半年経過した。

もう職場ではベテラン扱いされるようになり

何か異常が起こると「どうしたらいいでしょうか?」

と頼られる存在になった。

もう知らぬ存ぜぬは通用しなくなってしまった。

 

とにかく介護の勉強をしなければならない。

知識不足では困る。

介護保険、会社のこと、介助方法、、

とにかく一つずつ知識不足を解消していこうと思う。

 

最近の悩みは、新人のおばさんが本当に仕事ができない人で

まあやる気はあるみたいなんだが要領も覚えもすこぶる悪いから

教えようがないということ。

救いようがない、といってもいいレベルで頭が悪い。

介護記録を読むと、本当にバカ丸出しで、小学生の作文レベルの文章が

小学生のような字で書かれている。

利用者様との接し方も下手。距離の詰め方がわからない様子。

そもそも認知症への理解が乏しく、妄言を本気で信じてしまっている。

たとえば、訳もなくあついとかさむいとか言う利用者さんの言葉を全て鵜呑みにして

じゃああったかいスープを持ってきますとかいってスープを作り始めたり、という感じ。

他にやることが残っているのに。

 

まあ他人のことなんて考えてもきりがない。

うちはうち、よそはよそ、の精神を貫いていこうと思う。

アドラーも言っていたし。

 

それと、ようやく、新人おじさんが夜勤を経験し

頼りになる存在へと進化してくれた。

非常に助かる。

この人はもともとできる人だったしこれからもうちの中心人物としてがんばってくれるだろう。いや何様だよ自分は・・・

 

まあそんな感じで。

前回も書いたが、やはり自分は異動したいと思う。

今の職場もまあ悪くはないが、若者が少なすぎるというのがきつい。

異動できなければ転職する。